丹後の教育科の時間

自分・家族・生徒の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師の雑記ブログです。『学び合い』、部活動の地域移行、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導をテーマに毎日発信しています。

私には想像力が足りない

今日は授業中にどちらかというと気になる子の方に目が行ってしまいました。

 

もっと伝えたら良いことがあるのかもしれない。

求めた方が良いことがあるのかもしれない。

でもどう伝えたらいいかがわからなくて、本気で心から思えてるかの自信がなくて、動けない時がある。

 

悩ましい。

 

彼らはどんな人生を生きていくことになるのか。

想像しようとしてみました。これに関しては気になる子ではないいわゆる良い子や普通の子についても想像しようとしてみました。

でも想像力が足りないのか、具体的なイメージまで辿り着きません。それでなかなか切羽詰まったり本気になったりできてないのかもしれません。どうしたものか。

 

私は彼らがどんな様子だと嬉しいのか。どんな行動を取れていれば彼らの幸せにつながると思っているのか。

考え続ける必要があります。

 

彼らがこうなっていると嬉しいということを明確にすることは自分のためにもなります。苦しいだけだと続けられないですから。