丹後の教育科の時間

自分・家族・生徒の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師の雑記ブログです。『学び合い』、部活動の地域移行、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導をテーマに毎日発信しています。

願い

私はこのブログでいくつかのテーマに関する情報の発信を続けています。

 

先日、「『学び合い』はしない1段上の『学び合い』活用法」を読んで、「願いを明確にしていくこと」の重要性を再認識しました。

 

今回、自分のためにも読む人のためにも、それぞれのテーマについて私がどんなことを目指しているのか、どんな「願い」を持っているのかを明確にしていきたいと思います。

 

この「願い」は常に考え続け、変化していくものでもあると思います。修正もしながら段々と自分の中でより強くより明確なものにしていきたいです。今回はそのスタートです。

 

『学び合い』の考え方を軸にした教育

 

全員が自らの課題の解決を目指して学び続ける集団を目指すことを通して、今後の社会で生き抜くための多数で多様な仲間を得ることができる教育をする。

そのために子ども達が有能であることを信じて任せる。

 

 

アドラー心理学に基づいた対人関係と教育

 

教育によって子ども達の「自立」を目指す。

そのためにアドラー心理学で出てくる「尊敬」「横の関係」「介入ではなく援助」「課題の分離」「共感」「叱らない、褒めない。」「目的論」「競争ではなく協働」などの考え方を根本に据えて生徒たちとの関係を築く。

 

 

部活動の社会体育化

 

部活動の社会体育化(地域移行)を通して、

・多様な目的にあった持続可能なスポーツの場が増える

生涯スポーツの場が充実する

・教師の働き方が改善される

 

 

教師の働き方改革

 

教師の働き方改革を通して、

・教師を目指したい若者が増える

・身近な大人(教師)の働き方が良い見本になることによって、子供たちの将来の働き方にもいい影響を与える

・教師の良い働き方の結果として授業や教育の質が上がり子どもたちに還元される

 

 

仕事と育児の両立

 

・教師の仕事と我が子の育児を両立することで自分の幸せを感じ、その経験から同じように苦しんだりもがいたり頑張ったりしている周囲の仲間や社会への貢献をする

・上記の姿を生徒たちに見せることによって、生徒たちにも将来についてや自分の幸せについて考えるきっかけを与える

 

 

お金の教育の普及

 

・長期分散投資を含めた資産運用に関する知識を広めて、誰もが自分の幸せを実現するのに困らないお金を手に入れることに貢献する

・働き方には色々な形があることを生徒に伝えて選択肢を増やしてあげる。金持ち父さん貧乏父さんのBSEIの視点や正規雇用正規雇用を知った上で進路を考えられるようにする。

・上記のことを生徒や保護者はもちろん、教師にも広めることで、その教師の生徒や保護者にも伝わるようにし、私だけでは手の届かないより多くの人々にもお金の教育が広がるようにする

 

 

人生100年・society5.0時代の進路指導の普及

 

・今後の社会がどのように変化していくのかを学び続け、自分にとっての幸せの最適解を考えて選べる進路指導をする

人生100年時代におけるマルチステージ制の生き方を生徒、保護者、同僚に伝えて共に考える

・学歴信仰が崩れた社会における自分の幸せを叶える進路の選び方について生徒、保護者、同僚に伝えて共に考える

 

#「『学び合い』はしない1段上の『学び合い』活用法」

#『学び合い』

〈主幹の語り〉〈急な弁当にも対応できる我家の冷蔵庫〉〈妊婦健診の結果に気を引き締め直す〉〈読書会の構想〉

 

〈主幹の語り〉

 

昨日、生徒指導の話のために学年朝礼が開かれました。その時の主幹の先生からの話が「素敵だな。真似したいな。」と思いました。

 

・関係する一部の子たちではなく集団に対して語っていたこと

・良い姿を期待して方向性を指し示していたこと

が良かったです。


生徒指導的な会のはずでしたが、

まず授業の取り組み方をほめ、

みんなならもっとできるはず鼓舞し、

学校でみんなと学ぶ意義を語り、

一部によくない行動もあったけどみんなならできるはずと期待を込めて終わっていました。

 

経験のある優れた教師の語り方だと思いました。

お手本にします。

 

感銘を受けたのでその後の自分の授業でも引用して語らせてもらいました。伝わる子には伝わると良いです。

 

 

〈急な弁当にも対応できる我家の冷蔵庫〉

 

我が校の給食を作っている給食センターがまだ断水から復旧していないため、週末の間に「月曜はおかずを持ってくるように」と職員・生徒に連絡がありました。

 

職員室での会話を聞くとお弁当を作るママさん先生を中心に結構大変そうな声があがってました。

 

内心「なんでママさんばかりがこういう時苦労せねばならんのだ!」とちょっと哀しくなってました。

 

うちはというと基本的には作り置きの副菜が常備してあるので、それを詰め込めばよく、特に苦労はありませんでした。

 

急な弁当にも対応できる我家の冷蔵庫は優秀だなと嬉しくなりました。

 

 

〈妊婦健診の結果に気を引き締め直す〉


昨日嫁様の妊婦健診がありました。

ここ2回ほどは最初に切迫早産の指摘があってから改善傾向にあったのですが、今回は指摘された頃の状況に戻ってしまいました。

 

雪のため外出はほとんどしてませんが、ここ2回の検診結果が良かったので気づいたら嫁様が家事をする場面が増えてました。

 

私も嫁様も反省です。

改めて、

・トイレと洗面以外は基本やらない。

・シャワーを週二回程度で入浴はダメ。

を医師から指示されたので、気を引き締めて家族で乗り越えていこうと話しました。

 

私は嫁様ができない分家事の負担が増えます。そこは家電に頼りながらうまく手を抜いていこうと思います。

私の祖母やお互いの両親にも分散して頼っていきます。

 

嫁様は本来動きたい人なので、

「動こうと思えば動けちゃうのに動いたらダメで人にお願いしなければいけない状況」

に心の負担が増えます。

「今は安静が仕事!自分がやりたいと思ったことは遠慮なく指示して。一緒に頑張ろう。」

と声かけしました。

 

とにかく2週間後の検診で状況が悪くなっていないことを目指して、周りの協力も得ながら頑張っていきます。

 

 

〈読書会の構想〉


2/2(木)に「部活動顧問の断り方」の読書会があります。

 

体験談を載せてもらっていることもあって、主催の方から読書会での話題提供をお声がけいただきました。

 

話題提供について主催の方と相談した結果

本をまだ読んでないけどタイトルが気になってて参加したような人も安心して参加できるように、私の体験談を改めてお話しする

ことにしました。

 

私自身が読書会で本のタイトルが気になって参加を考えた時に、「読めてないからな〜」と思ってしまうことがあるからです。

 

ということで、読んでなくてタイトルしか知らない人でも全然構わないので、一緒に気軽に話してみませんか?

お誘いします。

週末の書店デートと電気代

日曜の朝は息子に「とと!」と呼ばれて、ほっぺにチューされたり平手打ちをくらったりして起きました。いい朝です。

 

昼間には母に息子を預けて嫁様と書店に行きました。久々の書店はやはり好奇心が刺激されてよいです。

読みたい本が沢山あって「なんて贅沢な人生なんだ」と思いました。

 

よく、「おもしろいと思わない本はすぐ読むのやめて次の本にいけばいい」と言いますが、たしかにこれだけ読みたい本があったら一つの本に固執してる場合じゃないですね。

 

書店の後は図書館も寄ってから息子を迎えに行きました。夫婦でゆっくり過ごす良い時間をもらえました。

 

夜には嫁様と電気代の話をしました。高くなるだろうとは思ってましたが、電気48000円弱したのにはびびりました。

 

Looopでんきを利用しているのですが皆さんのご家庭はどうなんでしょう?

 

祖母、嫁様、息子が一日中家にいてエアコンは稼働しっぱなしなので、高くなりやすい状況ではあります。

「ここは仕方ないかな〜。」と思いつつ、工夫できることがないか嫁様と作戦会議をしました。

 

お金の話を二人でできるのはやはりいいです。

〈夫婦で取り組むノーマネーデー〉〈多くの人を通すことで考えは整理される〉〈理想の生活を考える〉

 

〈夫婦で取り組むノーマネーデー〉


この1ヶ月、嫁様と「ノーマネーデー」を作ることを意識して生活しています。

生活に必要な買い物は週に2回、

休日は気分転換にお金を使ってもいい、

という感じで、「月にお金を使わない日を15日作りたいね」と言いながらやっていました。

昨日15日を超え、二人で喜びました。月に20日は厳しいけど、15日ならやれそうです。

 

嫁様には食材の在庫と買い物できる日の調整で頭を使ってもらっているので感謝です。夫婦二人でしっかりお金の話をできているのは良いことだと思います。

 

 

〈多くの人を通すことで考えは整理される〉


「思考の整理学」を読んでいて、

”思考は、なるべく多くのチャンネルをくぐらせた方が、整理が進む。頭の中で考えているだけではうまくまとまらないことが、書いてみると、はっきりしてくる。”

という内容が出てきました。

 

これも生徒が学習をすすめるときのアドバイスとして良いです。

自分の考えを整理するためにはアウトプットし、それを多様な人に聞いてもらうのが有効です。

 

 

〈理想の生活を考える〉

 

先日「なにおれ」さんの本を片っ端から読み漁り、どの本にも重要性が紹介されていた「自分の理想の生活を考える」というのをしてみました。

嫁様が月に一回は私に自由時間を意図的に作りたいということで、一人でココスに行ってやってみました。ありがたや。

 

やってみた結果明確になってきたことを記録しておきます。

私は理想の生活に必要な要素に以下のものを挙げました。

 

・家族との時間を大事にしたい
・健康に長生きしたい
・教育や子どもに関わりたい
・報酬による収入を得てみたい
・自由な場所と時間でできる働き方をしてみたい
・自分の哲学・考えを大事にし、体現したい
・身軽に生きたい(服、持ち物、働き方、住処)

・内なる成功を感じたい
・お金の不安なく生きたい

・たまにはお出かけなどしたい
・趣味の時間を楽しみたい
・自然に触れながら生きたい

 

まだ具体化しきれてなかったり絞れてなかったりするところがありますが、考え続けることが大事だと思うので、とりあえず現段階ではこんな感じ。

 

健康に気をつけてよく寝てよく動き賢く食べ、

家族との時間や趣味の時間を楽しみ、

公教育の場で教育に携わり、

今とは違う働き方、稼ぎ方に近づくための勉強や行動をしてみる

というのが理想の生活に近づくために今できることかなと整理ができました。

スッキリしてきていい感じです。

 

〈寒さ対策にも水の貯蓄が生きてくる〉〈指導主事の発言を御旗のもとに〉

 

〈寒さ対策にも水の貯蓄が生きてくる〉

 

私が住んでいる地域は降雪・積雪はそこまでひどくないのですが、寒さによって断水が多くの地域で起こってしまっています。

 

学校でも給食センターが断水したらしく、給食がごはん、チーズ、ふりかけ、牛乳、ゼリーというメニューでした。そんな状況でも食べられるものを届けてくれたことに感謝していただきました。

 

幸い我が家は断水はしていませんが、新聞や人からの話で断水の状況を聞くと大変なことだと思います。

 

我が家は私が育休に入った昨年4月に防災備蓄をしっかりと整えました。その際に大人が1週間生きていける分の水も備蓄しました。トイレも防災用の簡易トイレを用意しています。そのおかげで今回の断水の際もある程度の安心感があります。

 

地震や水害だけでなく、寒さに対しても防災備蓄を整えることは有効です。

みなさんもぜひご家庭で整えてみてください。

 

 

〈指導主事の発言を御旗のもとに

 

昨日、指導主事の要請訪問が他教科であり、校内研修の一環として全教員で指導案検討、授業参観、整理会をしました。

 

整理会の時間の確保のため掃除やホームルームが昼休みの時間に行われ、整理会も当然のように休憩時間を潰しながら行われたので、2つに分けられた休憩時間が2つとも潰されていることには不満を持ちました。

 

しかし、昨日は収穫もありました。

それは指導主事が「個別最適な学びと協働的な学び」の視点から「一人でもグループでも教師とでも学んでいい授業形態ももっとあってもいい。」と発言したことです。

 

この発言を御旗もとにすれば『学び合い』などの実践がまたやりやすくなります。

よい武器を与えてくれました。

あとは結果も出すことを生徒に求めつつ、なんとか実践を広めていきたいです。

職場でN高・S高が話題に

昨日、職員室でN高やS高の話題が出ました。

あまり認知していない状態でしたが、それでも「ついに現場の職員室でもその話題が出るようになってきたか」と嬉しくなりました。

もう5年もすればけっこうありな選択肢になってくれているでしょうか。楽しみです。

 

夕方、他の方のブログを見て、

同じ志をもつ安定したつながりを望むなら、オンラインでの居場所を作る努力をする必要性を感じました。

 

みん職にももっと参加したいし、せっかくある石川の『学び合い』の会も少しでも動かしたいと思いました。できることから少しずつ動いてみます。

 

雪で休校のため私もお休み

昨日は雪のため休校になったので私も休みをとって家で大人しく過ごしていました。

 

雪かきをしたり、息子と遊んだり、嫁様とおしゃべりしたりして過ごしました。

 

昨日は雪の量はさほどで、寒いために雪が水分を持ってなかったので軽く、雪かきはやりやすかったです。

寒いことによる被害もまだ出ていないので、恐れていたよりは我が家の雪の被害は小さいです。


郵便では寄附金控除用に寄付をした団体から領収書が届きました。大きい額ではないけれど、自分の勉強のためにも確定申告してみようと思っています。


昼間息子と遊んでいると、息子がこれまで吹けなかったトランペットのおもちゃを吹けるようになっていました。息をちゃんと吹くってはじめは難しいんですね。

 

目の前でできることが増えるところを見られる感覚は育休が終わってどうしても減ってしまったので嬉しかったです。

〈互いの顔が見られる安心〉〈雪国の宿命〉

 

〈互いの顔が見られる安心〉

昨日もコロナの影響で先生方がかけている状態でのスタートだったのですが、同僚の先生が朝「みんなの顔を見られるだけで安心だね」といっていたのが素敵でした。

 

確かに互いの顔が見られるだけで得られる安心感というのはあります。そこに一緒に居合わせただけで感じるものというのがあるのでしょう。

 

公立の学校で学んでいる彼らにはそのメリットをもっと利用させてあげたいです。

 

〈雪国の宿命〉

10年に一度のレベルの寒波が来るということで、今日の休校が決まりました。

 

帰り道は積雪はさほどでしたが、寒いこともあって水分の少ない軽い雪が強風で舞い、とても視界が悪い中の運転となりました。

 

無事に帰られて良かったです。雪国の宿命ですね。