自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

願い

私はこのブログでいくつかのテーマに関する情報の発信を続けています。

 

先日、「『学び合い』はしない1段上の『学び合い』活用法」を読んで、「願いを明確にしていくこと」の重要性を再認識しました。

 

今回、自分のためにも読む人のためにも、それぞれのテーマについて私がどんなことを目指しているのか、どんな「願い」を持っているのかを明確にしていきたいと思います。

 

この「願い」は常に考え続け、変化していくものでもあると思います。修正もしながら段々と自分の中でより強くより明確なものにしていきたいです。今回はそのスタートです。

 

『学び合い』の考え方を軸にした教育

 

全員が自らの課題の解決を目指して学び続ける集団を目指すことを通して、今後の社会で生き抜くための多数で多様な仲間を得ることができる教育をする。

そのために子ども達が有能であることを信じて任せる。

 

 

アドラー心理学に基づいた対人関係と教育

 

教育によって子ども達の「自立」を目指す。

そのためにアドラー心理学で出てくる「尊敬」「横の関係」「介入ではなく援助」「課題の分離」「共感」「叱らない、褒めない。」「目的論」「競争ではなく協働」などの考え方を根本に据えて生徒たちとの関係を築く。

 

 

部活動の社会体育化

 

部活動の社会体育化(地域移行)を通して、

・多様な目的にあった持続可能なスポーツの場が増える

生涯スポーツの場が充実する

・教師の働き方が改善される

 

 

教師の働き方改革

 

教師の働き方改革を通して、

・教師を目指したい若者が増える

・身近な大人(教師)の働き方が良い見本になることによって、子供たちの将来の働き方にもいい影響を与える

・教師の良い働き方の結果として授業や教育の質が上がり子どもたちに還元される

 

 

仕事と育児の両立

 

・教師の仕事と我が子の育児を両立することで自分の幸せを感じ、その経験から同じように苦しんだりもがいたり頑張ったりしている周囲の仲間や社会への貢献をする

・上記の姿を生徒たちに見せることによって、生徒たちにも将来についてや自分の幸せについて考えるきっかけを与える

 

 

お金の教育の普及

 

・長期分散投資を含めた資産運用に関する知識を広めて、誰もが自分の幸せを実現するのに困らないお金を手に入れることに貢献する

・働き方には色々な形があることを生徒に伝えて選択肢を増やしてあげる。金持ち父さん貧乏父さんのBSEIの視点や正規雇用正規雇用を知った上で進路を考えられるようにする。

・上記のことを生徒や保護者はもちろん、教師にも広めることで、その教師の生徒や保護者にも伝わるようにし、私だけでは手の届かないより多くの人々にもお金の教育が広がるようにする

 

 

人生100年・society5.0時代の進路指導の普及

 

・今後の社会がどのように変化していくのかを学び続け、自分にとっての幸せの最適解を考えて選べる進路指導をする

人生100年時代におけるマルチステージ制の生き方を生徒、保護者、同僚に伝えて共に考える

・学歴信仰が崩れた社会における自分の幸せを叶える進路の選び方について生徒、保護者、同僚に伝えて共に考える

 

#「『学び合い』はしない1段上の『学び合い』活用法」

#『学び合い』

〈離乳食のための調理がいらなくなってくる〉〈卒業生の働く姿〉〈育休の引き継ぎ(テスト作成)〉

 

〈離乳食のための調理がいらなくなってくる〉

 

用事でまた嫁様の実家にお世話になっていたのですが、嫁様のお母さんの離乳食の作り方を見て、離乳食のための特別な調理はだんだん要らなくなってくるなと改めて思いました。

 

お母さんは大人の食事と同じものを細かめに切って出してくれましたが、気づけばそれでもうほとんど問題がないのです。強いて言えば味付けが濃くなりすぎないように気をつけるくらいです。普段我々が食べているものの多くは息子も食べられます。

 

これからの食事作りも楽しみです。残念なのは育休があけるのでこれまでほど息子と食事の時間を共有できないことです。少し寂しい。

 

 

〈卒業生の働く姿〉

 

今日たまたま卒業生が働いている姿を見ました。

多分間違いないと思います。接客カフェでの接客だったので確認とかはしませんでしたが。

 

大人同士として、今度は同じ社会で私がお客の立場で接することができたのが、なんだかとても嬉しかったです。頼もしくもありました。

 

元気に、幸せに生きていってほしいと思います。

 

 

〈育休の引き継ぎ(テスト作成)〉

 

私の育休中に代わりに働いてくれている講師の方から引き継ぎの際のテスト作成について確認電話がありました。

細かい引き継ぎは来週する予定ですが、その前に確認しておきたかったとのことです。

 

用件は「10/14にある中間テストの作成をどちらがやるか」というものでした。

結論から申しますと、私は「可能ならそのテストの作成はお願いしたい。」と伝えました。

 

 

復帰後2週間後のテストとなると、復帰1週間後には遅くともできていなければいけないと思います。他の先生方に点検してもらう必要もあるので。

 

しかし、定時退勤が頭にある私にとっては1週間の空き時間(5から多くて10コマくらいでしょうか。)でリズムを掴んだり他の仕事もしながらテストを作成することは難しいと判断しました。

 

もちろん、残業も視野に入れて無理をすれば1週間の中でもなんとかなることはなるでしょう。しかし、私はそういうスタンスで働くつもりはありません。

 

体調がまだ万全でない嫁様と小さな息子が家にいるので、復帰後もなるべく早く定時退勤のリズムを掴みたいと思っています。

 

10月に行われるテストの作成なので「悪いかな。」という気持ちもありましたが、

「私ならテストはなるべく学期が始まる前、遅くともテスト範囲発表タイミング(テスト2週間前)には仕上げておくだろうから、遠慮せずお願いしてみよう。」と思いました。

 

「同じ教科担当や管理職にも相談してみます。」とのことだったのでまだどうなるか分かりませんが、作成してもらえることを願います。

ダメだったら、「持ってる時間でできるベスト」のものを出すしかありません…

 

 

#男性の育児

#男性の育休

#離乳食

#卒業生の人生

#テスト作成

#育休からの復帰

#育休での引き継ぎ

〈仕事復帰のために考えていること3〉〈初めておしっこ飛ばされた〉〈ギフテッド支援への寄付をしてみた〉

 

〈仕事復帰のために考えていること3〉

育休に入る前から私はSNSやブログで毎日発信することをかれこれ2年半以上やっています。だから復帰してからもできるとは思ってます。

 

ただ、育休の間、パソコンで書くことが増え、ちょっとトップページを整理したり見出しや目次をつけることを覚えたばかりに、手軽にやるという意識が少し薄れてしまっています。

忙しくなってくるとそれでは続かないかもしれません。私はとりあえず質よりも継続を重視したいので、 今一度手軽に継続できるような仕組みにしていきたいなと思っています。

 

具体的にはスマホでスキマ時間にブログの殆どを完成させるようにしようとしています。普段から起こったことを忘れないように引っかかったことはスマホのメモに残しておりを、それをペーストしたものをベースにブログにしています。

このメモを、ブログを書くようにメモをするか、もしくはメモをしたのをなるべく変更せずにブログにあげるかすればいいんだろうなと考えています。

しばらくそんな意識で、試してみます。

 

〈初めておしっこ飛ばされた〉

 

昨日息子のオムツ替えをしている時、おむつを替える前に初めておしっこを漏らされました。

 

カーペットにおしっこを飛ばされて嫁様と一緒に爆笑しながら息子とカーペットの後処理をしていました。

いやー、楽しい時間でした。

 

 

〈ギフテッド支援への寄付をしてみた〉

先日紹介したギフテッドの支援団体「ROJE」に少額の寄付をしてみました。

 

ギフテッドの方の居場所が学校以外に増えていくことは教育の多様性につながります。

私が望む変えたい教育の方向へ変わっていくことにつながります。

だから、可能な範囲で支援させてもらおうと思います。

 

 

お金の使い方としても、良い使い方ができているんじゃないかな。

 

 

#男性の育休#男性の育児#育休からの復帰#ギフテッド#スッキリ#ROJE#寄付#お金の教育

〈仕事復帰の準備2〉〈本日の子育て日記〉

 

〈仕事復帰の準備2〉

息子と早起きをしたので、生活リズムを仕事復帰後に戻す意味も含めて朝のうちに一緒に散歩へ行きました。

 

また、働き始めてからの生活リズムのシミュレーションをしてみました。バーチカルカレンダーに予定をブロックしていくと、当たり前ですが子がいないときより自分の使える時間はありません。

自分の時間としてブロックした時間も、息子の様子によっては変更になるので臨機応変にする必要があります。

 

それでも、使えそうな時間を見極め、やりたいことをどうやって行くかを考えるいい機会になりました。

同時に、やはり勤務時間でベストを尽くす働き方をしないとやっていけないと再認識したので、気を引き締めていきたいです。

 

 

〈本日の子育て日記〉

 

立つ練習


最近ハイハイをしているときにこちらに抱っこをねだるとき片方の足ですが立膝をするようになりました。つかまり立ちから手を話したり、立膝から持ち上がったりするうちに立てるようになるんでしょうかね?楽しみです。

 

「アイラブミー」


離乳食後に珍しくテレビをつけたら教育テレビで「アイラブミー」という番組がやっていました。面白かったです。初めて見たので毎回の内容はわかりませんが、今回の内容は「なぜパンツを履かなければいけないのか?」をミーくんが考えるもので、性教育や自主性・自尊心を育む点でいいなと思いました。

 

求められごっこ

 

最近息子との「求められごっこ」にハマっています。嫁様と二人で代わる代わる息子に「おいで!」をして抱っこするというものです。

求められている息子は満面の笑みで楽しそうで、それが可愛いです。

ちょっとなれてくると、「おいで!」の1回目は断ったりして楽しんでいます。

それもまた可愛いです。

同じものを食べれるように

 

昨日は離乳食中に私がすすっていた味噌汁を欲しがってきたので、具材を小さくして汁と一緒に食べさせてあげました。普通に食べてましたね。すごい。

こちらが味付けと食材と大きさに気をつけてれば、いよいよ同じ食事で良くなってくるなと思いました。楽しみです。そうなってくると楽ですしね。

 

うんちポロリ

入浴前、息子のおむつを脱がせたときです。いつもならうんちがついていてもうまく脱がせられるのですが、昨日はそこで息子に寝返りによる一捻りを入れられ、うんちを脱衣所に転がしてしまいました。

すっぽんぽんにしたちょいうんち付きの息子を放っておくわけにも行かないので、うんちの方を放置し、お風呂が終わったあとにほのかに香る脱衣所でうんちの処理をしました。やってくれるぜ。

 

〈出待ち〉〈ギフテッド〉〈寄付の仕方〉〈つかみ食べ〉〈ATMいらず〉

 

〈出待ち〉

 

父の後追いもしてくれるようになった息子が今日は私のトイレの出待ちをしてくれていました。なんと可愛いことか。

 

〈ギフテッド〉

 

スッキリでギフテッドの紹介をしていました。

ギフテッドの存在とそこへの対応の必要性が広まってきているのを嬉しく思います。

 

・ROJEというギフテッドの支援団体があること

・紹介されていたギフテッドの子が「日本の教育を変えたい」と言っていたこと

が印象的でした。

 

あとは、NPOだけでなく、文科省もギフテッドの子への対応を考えているということが紹介されていましたが、そちらにはあまり期待できませんでした。

 

文科省は来年度から支援策づくりを始める。教育委員会や大学に

〈1〉個々の才能に応じた柔軟な授業作り

〈2〉学校になじめない子供を支援するNPOなど学校外組織との連携

〈3〉才能と障害を併せ持つ児童生徒への対応

――などに取り組んでもらう。2023年度中にも効果的な指導法や支援策をまとめる。”

www.yomiuri.co.jp

 

特に〈1〉に関しては一斉指導が一般的な公教育の場では絵空事です。黒板とチョークを使った一斉指導においてギフテッドの子も満足するような授業をしたら多くの子がちんぷんかんぷんです。

まずは一斉指導の授業が教育だという認識を消していかないといけません。

 

私は〈2〉の方が期待が持てます。馴染めない子にとっての居場所が増えてくれば、選ぶ人が出てきます。一方で、ギフテッドの子も将来一緒に働いたり生活していく人は普通の人達なので、その中で協力して生活していく経験も必要です。切り離されても行けないと思います。

 

だからこそ、「一緒に他の子と生活しながら、違うことを学んでいていい環境」が必要だと思いますし、『学び合い』、自由進度学習、けテぶれ辺りが、公教育においてそれを実現できる一番近い実践だと思っています。あとは自分がどれだけ現場でこれらに基づく教育を、今はマイノリティの中で、実践できるかです。

 

 

〈寄付の仕方〉

 

先に書いたROJEというギフテッドの子の居場所を作る支援をして言う団体は寄付もできるそうです。今度はそちらにも寄付をしてみようかと思います。

 

寄付について調べているうちに、寄付の仕方について考えたことがあります。

今は選んだところに毎月定額寄付されるようにしているのですが、これではどうしてもその団体への関心が薄れてしまうときがあります。それでは良くないと思っているので、寄付はこの時期にするということを予定に入れておいて、その時期になったら毎回ちゃんと選ぶ方がいいのかもと思い始めました。

 

現在私は子ども食堂を運営している「むすびえ」と環境教育などをしている「FoE JAPAN」に寄付をしています。これからはここにギフテッド支援をしている「ROJE」も加えて、これらの団体を中心に「毎月予算を決めて都度選んで寄付」をしようかと考えています。

 

 

〈つかみ食べ〉

 

少し前から息子のつかみ食べの練習を始めています。まずは手が汚れにくくて手軽な赤ちゃん向けのおやつでやっているのですが、私が想像していたより成長が早いです。

 

我らが息子はあまりモノを口に運ばないので、口に運ぶまでにもう少し時間がかかるかと思っていましたが、初めて1〜2回でもう口に運んで食べ始めました。可愛いです。

 

ただ、ものすごく汚れますね。汚れにくいおやつでさえこれなので、離乳食で始めるときは覚悟しておかなければ。

 

〈ATMいらず〉

普段私はキャッシュレスサービスを大いに利用して生活しています。一月に現金に触る機会は殆どありません。

 

それでも、給与口座に入ったお金を楽天銀行に入れるときはATMでやっていたのですが、私の給与が入ってくる地方銀行を調べてみると、月に3回まではネットを利用した振込の手数料が無料であることを知りました。やってみたら簡単にできました。

手数料もかからない、ATMに行かなくてもできる。非常に便利です。

 

これで何か用事で現金が必要になることがない限りATMに行く必要性がなくなりました。これからは月に一度ではなく、数ヶ月や半年に一度くらいの頻度になりそうです。時代の変化を感じます。

 

〈仕事の復帰のために始めた小さなこと〉〈赤ちゃんの運動量は見習うべきものがある〉

 

〈仕事の復帰のために始めた小さなこと〉


昨日から仕事の復帰に備えてあることをはじめました。

それは、PCのキーボードをGoogle 日本語入力に変えることです。

 

我が家は夫婦で一台MacBookを使っているのですが、MacBookの標準のキーボードには自動変換の機能があり、スペースキーを押さなくても自動で漢字に変換していってくれます。精度も結構高いので、基本的にはスペースキーを押す必要がありません。人によって好き好きあるでしょうが私は快適で気に入っています。

 

しかし、職場のPCはWindowsなので、この自動変換の機能はついていません。

体をスペースキーを定期的に押す体になじませるために、キーボードを変えてみたというわけです。

PCでの文章入力の速度は仕事の時短に地味に効いてくるところなので、今から備えておきます。

 

 

〈赤ちゃんの運動量は見習うべきものがある〉

 

子育てをしていてよく思うのが、赤ちゃんってめっちゃ動くなってことです。

基本、止まっていることはありません。大人のようにソファーに座ってテレビを見続けたり、椅子に座って作業をし続けたりとかないです。

 

「見習うべきなんだろうな」と感心しています。

スマホ脳のような本からパレオダイエットのような健康系の本まで、沢山の本に運動の重要性は書かれています。体を鍛えるだけでなく、健康の維持、脳機能の向上、精神の安定、集中力の向上など、あらゆることに小さな運動をたくさんすることが効いてきます。

最近の息子は寝ているとき、以外は基本動いています。ハイハイはもちろん、座って一人遊びしているときも、抱っこされているときも食事のときもです。

 

特に感心したのが、

ハイハイをしまくるせいで足の親指に豆みたいのができていたいり、

ボールを投げて遊ぶときに我々がママ向けの会で猫背対策にしたストレッチと似た動きをしていたりするところです。

私もなるべく息子が動いているときに一緒に動いて、基本動く習慣を身に着け、恩恵にあずかろうと思っています。最近はハイハイで追いかけたり追いかけられたりする遊びにハマっています。

〈私は子供と過ごすのが得意〉〈つかみ食べトレーニング〉

 

〈私は子供と過ごすのが得意〉

 

嫁様のいとこさん家族が嫁様の実家に顔を出しているということで、我々も伺ってきました。

すると、近くに住んでいるいとこ家族も来ていたので、うちの息子を除いて子どもが6人もいる状況になっていました。

 

嫁様側の親戚の集まりがあるときには私はだいたいこの役割をしているのですが、今回も子どもたちと遊びまくりました。途中、公園に行って久々に鬼ごっこをしたときには「29歳、まだまだ捨てたもんじゃないな。動ける動ける!」と内心嬉しくなりながら遊んでいました。とても楽しい時間でした。

 

親戚の同世代の方々と話すのも楽しいですが、人に比べて私はやはり子供と過ごすのが得意なんだなといつも思います。おそらくこれはある種の才能だと思うので、活かせる場面ではどんどん活かしていきたいです。これを実感するたびに、今の教師という職もある程度は向いているんだろうなと思って嬉しくなります。

 

 

〈つかみ食べトレーニング〉

 

先日から嫁様の提案がきっかけで息子のつかみ食べトレーニングが始まりました。ハイハインのような赤ちゃん用のおやつを食べるときにこれまで一口大にして口に運んであげていましたが、そのままの状態で渡しました。

はじめは持って遊んでいただけでしたが、次第になめ始め、柔らかくなった段階で食べ始めました。この一部始終がめちゃめちゃ可愛くて、ずっと眺めています。

 

〈手賀西小学校の働き方改革〉〈「三角食べ」と「ばっかり食べ」のメリット・デメリット〉

 

〈手賀西小学校の働き方改革

news.yahoo.co.jp

昼間見ていたテレビで柏市立手賀西小学校の働き方改革が取り上げられていました。

主に紹介されていたのは
①日報の電子化
②保護者便りの電子化(スクリレ)
③卒業アルバムの作成にAI利用(アルバムスクラム
④朝掃除にして先生の放課後の時間を確保
⑤早く帰る人に校長からコーヒー券のプレゼントで楽しく進める
などがありました。

 

日報の電子化は前任校で校務支援ソフトが導入されて経験がありますが、担任の立場からすると②の保護者便りの電子化もかなりいいなと思いました。提出物の回収と集計って地味に面倒なので…

 

また、卒業アルバムにA Iを利用するのは本当にいいと思います。どの子もアルバムに載っているかのチェックにたくさんの時間をかけている様子は毎年見ています。私も2年間中学3年所属だったので大変さもわかります。

GoogleフォトやiPhoneにも似たような機能があったと思いますが、AIにより人の顔はかなり正確に認識してくれます。それを活かして写っている回数をカウントしたり、満遍なく出てくるように写真を選んでくれたりしたらかなりの時短になります。次に3年に所属した時に忘れずに導入を検討できたらと思います。

 

あとは⑤のような仕組みもできると嬉しいですね。日々定時退勤を頑張ってやっている身からすると、その努力にフォーカスしてもらえたら嬉しいです。

定時退勤できるように逆算しながら仕事するのって大変ですし、それによって組織全体へも貢献できていると思うので。私なら毎日コーヒー券もらえそうです。

 

 

〈「三角食べ」と「ばっかり食べ」のメリット・デメリット〉


嫁様と離乳食の時に食べさせ方についての話をしました。少しずつ交互に食べていくことを「三角食べ」、一品ずつ食べていくことを「ばっかり食べ」などというそうです。

どちらがいいかなということを話し合ったのですが、どちらにもメリットデメリットがあります。

 

「三角食べ」のメリットは途中でぐずったりしても栄養バランスが取れた食事になることです。

一方でメリットはいっぺんに料理が出てくると好きなものだけ食べて嫌いなものを残すという話も聞きます。

参考に見たサイトでは食材の味を感じにくかったり味付けが濃くなってしまう傾向にあるようです。

 

 

「ばっかり食べ」のメリットは一品ずつ出すことで苦手なものも食べさせることができる、出す時間をコントロールすることで小さい子でもゆっくり食べさせることができる、などがあると思います。

一方でデメリットは、途中でき機嫌を崩して食事が中断になった時に栄養バランスの偏りが気になるところです。調べたサイトではこちらの方が嫌いなものを残しがちになるという意見も載っています。

 

メリットもデメリットも意識した上で、最近の我が息子はというと「三角食べ」をしています。

機嫌を崩して途中で中断することがあり、栄養バランスが取れることを優先した結果です。息子は機嫌がよければ好き嫌いをして何かを残すということはないので「ばっかり食べ」のそのメリットは今はなくても困っていないのも大きいです。

 

個人的には食材の味を楽しんだり、将来の健康面を考えたら「ばっかり食べ」にしたいな〜とも思うのですが、その辺はその時の息子の様子や嫁様との話し合いによって決めていきます。

 

みなさんはどっち派ですか?

私自身は「ばっかり食べ」のことが多いです。

 

sukusuku.tokyo-np.co.jp