自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

テスト返しで夏休みの進路系や学び方系の読書が生きました。

今日はテスト返しがありました。

意識したのは

・自分の点数を平均点より高いか低いかの判断の仕方(進路系の本より)

・テストの結果から学び方を分析する(学び方系の本より)

を伝えることです。

 

・自分の点数を平均点より高いか低いかの判断の仕方

子供たちは大抵平均点と比較して高いか低いかや、仲のいい友達と比較して高いか低いかで盛り上がります。しかしそれは、点数はとりあえず高ければ高いほどいいという、崩れてしまった学歴信仰に基づく考え方です。生徒たちには自分にとってその点数がどうなのかを判断できるようになってほしいです。

そこで、「将来どんな仕事について生きていくかはみんなバラバラ。当然この先行く高校もバラバラ。そしたら求められてくる点数もバラバラのはず。だから平均や友達と比べてどうかじゃなく、自分がどうやって生きていくかをスタートに目標点数を決めて、それに対してどうなのかを判断できるようにならなきゃいけないよ。」という話をしました。

まだまだ自分の生き方や将来つきたい仕事や行きたい高校は明確でなくても構いません。ただ、そういう考え方をしていかなければいけないことは知っておくべきだと思います。

 

・テストの結果から学び方を分析する

テストの見直しでは、内容はもちろんですが、学び方も振り返ってアップデートしてほしい旨を伝えました。

今回のテストの結果が十分だったなら、この夏や1学期のどの勉強の仕方が良かったのか分析してそれを今後も続ければ、次回も成果をあげられる確率が上がります。

今回のテストの結果が不十分だったなら、この夏や1学期の勉強の仕方のどこかを改善しなければいけません。

その繰り返しで学び方自体が上達していけば成長のスピードはどんどん上がります。

 

そういうことを話して、これもすぐにみんなができるようになるのは難しくても、そういう視点を持ちながら振り返れるようになるといいなとは思っています。

 

期待を込めて伝えたので、これからの成長が楽しみです。