自分と家族と子ども達の幸せを考える先生のブログ

教育の個別最適化、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分の幸せと子ども達の幸せを考える

お宮参りをしてきました

昨日は息子のお宮参りをしてきました。

本来は1ヶ月くらいでするものみたいですが、100日のお食い初めと抱き合わせることも結構あるようで、そのつもりで1ヶ月の時は見送りました。

ただ、お食い初めが年始早々で人が多い時に神社に行くのが怖かったので、少し遅らせて昨日行ってきたという経緯です。

 

お食い初めの時にも親戚から借りた赤ちゃん用の着物を大人が肩にかけ、ご祈祷を受けて写真も撮りました。

私の母は都合が合ったのでご祈祷の場にも一緒に行けたし、父もその後の写真を撮るタイミングには着てくれました。

 

両親を誘うかどうかというところから嫁様と話しながらやってきて、100点満点とはいかない家族行事だったかもしれませんが、嫁様と「家族それぞれ都合も考え方も違うし家族行事って難しいね。」と話しながら行う事ができたので、私としては十分よかったです。

 

あまり神社のご祈祷やお守りに熱心なタイプではないですが、息子が健やかに成長してくれることを祈れてよかったです。

 

気遣いや手配をほとんどしてくれた嫁様に感謝です。ありがとう。