自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

教科書を読めない子どもたち

以前「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」という本を読みましたが、今日「ああ、こういうとなのかな」と実感したことがありました。

https://www.amazon.co.jp/AI-vs-教科書が読めない子どもたち-新井-紀子-ebook/dp/B0791XCYQG/ref=mp_s_a_1_1?dchild=1&keywords=教科書が読めない子どもたち&qid=1626336107&sprefix=教科書が読めない&sr=8-1

 

例えば、教科書の実験の操作方法でこのような場面があります。

f:id:me77391j:20210715180437j:image

これを読んだら多くの大人なら、2本のうち一本に火のついた線香を入れ、もう一本に石灰水を入れると思います。

 

しかし、いくつかの班では火のついた線香を入れた後に、同じ試験管に石灰水を入れていました。

 

教科書の文章を読んでもそのことが理解できていない。きっとテストの問題文とかでも同じようなことがたくさん起こっているのだと思います。

 

もう一度本を読み直してどのような指導が効果的なのか勉強したほうがいいだろうか。

 

少なくともこのことを自覚して、出来るだけ生徒を鍛えられるような授業をしたほうが良さそうです。これからも細かく説明しすぎるのではなく、ちゃんと教科書を読んで実験できるようにすることを求めていきたいと思います。