自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

自ら選べるというのはやはり大きい

脊椎動物の授業を2時間セットで任せてみています。

・最初に用語の確認

・2時間でやることの確認

①分類のための観点と基準を表にまとめる

②教科書に出てくる10の動物を分類する

③教科書の活用してみようにあるイモリとヤモリの分類をする

④単元導入で自分で選んで調べた動物が何類になるかを、体の特徴をもとに説明する。それをオクリンクで発信。

 

・あとはそれぞれでスタート(私はぐるぐる回りながら生徒同士を繋いだり、一緒に面白がったり、質問に答えたりしています。)

 

子どもたちは楽しそうに学んでいます。一斉指導では伏せてしまうような子も教科の内容の質問をしてきたときには少し鳥肌が立ちました。

 

どのクラスでも頑張っている様子が見られるので、やはり自分で選べる余地があるというのは生徒のモチベーションに大きな影響を与えるようです。

 

これからも常に生徒に選べる余地を作ることを意識して授業をしていきたいと思いました。


今日は2年生の方もいい感じでした。Chromebookの使い方で脱線すぎる場面でも全体に声かけをできて、伝わる子には伝わっている感じがしました。良い空気になりそうです。


さらに、今日はクラスで起こっている問題に関しても全体に語れたので、声かけをうまくできた日だったと思います。この感覚を大事にしたい。