自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

〈育休なので、育児をしていれば十分〉〈今日の息子の可愛い姿〉〈暑い時は夕方の散歩がいい感じ〉〈より少ない生き方 ものを手放して豊かになる〉

 

〈育休なので、育児をしていれば十分〉

最近また「育休なんだから育児をしていれば十分上出来で幸せだ」ということを少し忘れていました。

 

平日の昼間は姪っ子と妹と過ごして忙しいこと、

明確なゴールを設定していないプログラミングの勉強を始めたことでゴールがないからこその焦りがあったこと、

最近夜泣きの回数が多く朝思ったように起きられていないこと、

などの影響だと思います。

 

大事なことは何度も思い出し直さないとダメですね。

私、育児頑張ってます!めっちゃ幸せで、めっちゃ偉い!

 

〈今日の息子の可愛い姿〉


最近機嫌の波が激しいですが、割と離乳食の時は調子がいい気がしています。

食べている時にガッツポーズみたいなのしたり、「コレだよコレ〜」みたいな顔したりするのが可愛いです。

 

それから動くようになってから何かを自分の下敷きにすることがたまに出てきました。自分の足元にあるものがいじっかしいのでしょうが、取れなくてイライラしている息子が可愛いです。

 

〈暑い時は夕方の散歩がいい感じ〉


最近朝なかなか思うように起きられないのと、暑いのもあって朝の散歩が前ほどできていません。それでもパジャマをやめてから頻度は上がりましたが。

 

先日なんか4回も夜起きたので朝起きた段階で父ちゃん母ちゃんボロボロです。

それで、朝歩けなかった日は夕方散歩に行くようにしてみました。これがなかなかいい感じです。

 

朝日が出る前に散歩に行くのは難しいですが、夕方日が沈んでから散歩に行くのは時間的に行きやすいので、涼しい中歩くことができます。

しばらくは朝に拘らずに歩こうと思います。

 

〈より少ない生き方 ものを手放して豊かになる〉

 

「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」を読んでいます。趣味であり生き方のミニマリズムに関する本です。

Amazon.co.jp: より少ない生き方 ものを手放して豊かになる eBook : ジョシュア・ベッカー, 桜田直美: 本

 

いいなと思ったところを抜粋します。気になる人は読んでみてはいかがでしょうか。

 

”いつもあの商品さえ手に入れれば心から満足できると信じているが、いざそれを買って家に帰ると、やはりまだ何か足りないという気持ちに襲われる。満足感は近づくたびに遠ざかっていく目的地のよう。よくわかる。”

 


”自分のために物欲を満たすのではなく人のためになることをして心を満たす。”

寄付を調べることなどにもっと時間を使おうかな。

 

”同じようなものを1つだけ残して処分すると、どこを見回して1番のお気に入りしか目に入らなくなる”

これは気分よさそう。

 

”新型が出たらすぐに飛びつくのは、実質的な利点がないのなら愚かなこと。”