自分と家族と子ども達の幸せを考える先生のブログ

教育の個別最適化、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分の幸せと子ども達の幸せを考える

もう少しペーパーレス化しませんか…

最近、ちきりんさんの「未来の働き方を考えよう〜人生は二回、生きられる〜」という本を読み進めています。

簡単に言うとタイトルにある通り、「40代で2つ目の職業選択をするつもりで人生設計をしてみたら良いんじゃない?」というものなんですが、その根拠となる背景の情報や、この方の考え方がとても面白いです。楽しんで読んでいます。読み切ったら是非まとめてまたアウトプットしよう。

読んでるうちに以前から気になってはいた「ダイウィズゼロ」も読みたくなってきました。

 

さて、働き方関連というかペーパーレスの話題を一つ。

先日、帰りのホームルームで伝えてくださいという内容が机上に紙で置かれていることがありました。掃除後に職員室に戻ったり戻らなかったりする私はその紙を見逃し、ホームルームでは伝えられませんでした。幸い緊急性がそれほど高いものではなかったのでよかったのですが、「掃除後にちゃんと戻らないとな〜。」と思っている途中に、いや待てよ?おかしくない?と思い始めました。

 

「早めに伝えてほしいことなら机上に紙を置いておくなんて不確実な方法ではなく放送でも使えばいいし、このペーパーレスの時代にそんな原始的な!パソコンやタブレットにメールやリマインダーで送ってくれよ!」なんて考えてました。

前の学校でもICTに強い先生とそういう話をたくさんしてたので、懐かしくなってその先生との会話ならどうなるかなと一人でシミュレーションしながら考えました。

 

学校はまだまだ大量の紙の文化から抜け出せておりません。

なるべく自分がやれることから変えていこう。