自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

働き方改革したら学力アップ効果も 「定額働かせ放題」やめるには

働き方改革したら学力アップ効果も 「定額働かせ放題」やめるには

https://www.asahi.com/articles/ASQ385QJKPDJUTIL03F.html

 

 

〈なるほどなと思ったところ〉

働き方改革の会議に保護者にも参加してもらう方法がある。

 

保護者にもやることが多すぎるのが実感してもらえ、子供に向き合う時間を確保する必要性があるという共通理解ができる。

 

保護者の方が会社で働き方改革が進んでる場合もあるので、保護者から「こらはやめていいんじゃないか」という提案も起こるらしい。

 

定期テストの後、採点時間を確保するために1週間ほど授業時間を短縮して残業せずに採点できるようになったという事例がある。

 

・権限の大きい管理職の意識を変えるために、労働時間を把握し、改善のための具体的な行動をすることを管理職の評価項目に入れて、やっていなければ降格されるような評価制度が考えられる。

 

我々は管理職から評価されていますが、我々からも管理職を評価する仕組みがあればもう少し本気で動かざるを得ないのではないか?

 

・魅力的な授業ができる教師になるためには、学校外のコミュニティーに出て行って様々な経験を積むことで、実社会で今起きていることを吸収する。

それを授業内容と結びつけて子どもに還元する。

 

寝不足などで疲れを残さず、子供たちの前で元気に笑顔で働く。

 

#教師の働き方改革