自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

〈息子と二人で外食〉〈最近の息子の可愛い仕草〉

 

〈息子と二人で外食〉

昨日、嫁様が外で食べてくる機会があったので、私と息子は二人でココスに行ってきました。

 

3人で外食に行ったことはあるし、旅行したこともあるので気づいてなかったのですが、息子と二人だけで外食というのは私も嫁様もしたことがなく、初めての経験でした。

 

全くそのことを覚悟してなかっただけあって、忙しかったです。

「あれ、何だかいつもより忙しい。食べる暇ないし手が足りないぞ?!何でた?」そんな感じでした。

 

ファミリーレストランなのでトイレにおむつ交換台はありますし、先に息子の離乳食を食べさせることに抵抗を感じなかったのは良かっです。

 

しかし、息子はあまり食事に集中せず座り続けてもくれなかったので、とりあえず自分が息子を抱えながら食べられそうなものを頼み、自分の食事と息子の食事を同時並行で進めることになりました。

 

座ってくれなかったので途中からは家と同じように立って息子を抱えながら自分と息子の食事を進めることになり、最初は周りの視線も気になりましたが、途中からは吹っ切れました。

 

周囲のお客さんが息子をにこやかに見てくれていたのが救いでした。

 

途中から吹っ切れたおかげで、私も楽しく食事をすることができ、息子と二人での初めての外食はいい思い出になりました。

 

 

〈最近の息子の可愛い仕草〉

ずりばいで動けるようになり、しばらく前からママの後追いも始まっていることもあって、本格的に嫁様の後を追う息子が可愛いです。

一緒にいて、嫁様がトイレなどで立つとすぐキョロキョロして探して、嫁様の方向に這っていきます。

 


また、寝るときに横向きになってこちらに体を寄せてくるのが可愛いです。未だに寝返りは泣いているときしかしませんが、寝かしつけのときにそれに近い動作をして体を寄せてきたり顔をこちらに向けてきます。たまりません。