自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

〈当たり前だけど、子育てで忙しい〉

普段あまり書かないですが、特に何もなくても子育てで日々の生活は忙しいです。

 

まず、夜泣き対応があるので、慢性的に結構睡眠が乱れている状態です。スマートウォッチを利用して睡眠分析を見てますが、赤ちゃんが産まれてからの方が睡眠は乱れているのが普通になります。

 

そんな万全の体調ではない中、三回食になった息子に3度の離乳食、合間におむつ替え、動き回るようにもなったので息子の安全に気を配りながら一緒に遊んだりして過ごします。

我が息子は昼間のお昼寝は30分くらいが午前と午後にある程度なので、あまり昼間にぐっと休まるタイミングはありません。

 

ここに6月後半からは里帰り出産に来ている妹と姪っ子のベビーシッターみたいなことをしているので、嫁様と2人で同時に育休をとっている状態でもあっという間に1日が過ぎていきます。

 

今日も、よく働きました。

 


離乳食を作っているタイミングで、たまに来訪する祖母の友人が尋ねてきました。

私がキッチンに立って調理をしていると、「男なのにかたいな〜。」とよく言われます。

 

やっていることはやっているので、しっかりしていると言われること自体は嬉しいのですが、「男なのに」というニュアンスがつくと、男性が家事・育児を仕事と同じようにやるのが当たり前の社会に変えていきたいという気持ちが強くなります。

 

とにかく、もう結構広まっている認識かと思いますが、家事も育児も仕事と同じくらい大変です!!