自分と家族と子ども達の幸せを考える先生のブログ

教育の個別最適化、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分の幸せと子ども達の幸せを考える

うんち爆弾「息子」ついに爆発

赤ちゃんは離乳食が始まったり、回数が増えたタイミングでは便秘になりやすいとは聞いていました。

 

先日、我が息子も離乳食を日に2回に増やしたタイミングからうんちが出ていませんでした。記録を見たら4/30にしていましたが、これも量が少なく微妙なカウントだったので、我々両親はここ最近よく飲みよく食べるだけで全く便を出さない息子を心配してました。

 

5/3まで丸3日便が出ず、4日目も夕方に差し掛かって「今日もでないか〜」と思っていた昨日5/4の夕方、ついにうんちを大量に溜め込んでいたうんち爆弾「息子」がついに爆発しました。

 

授乳直後、嫁の膝の上で真っ赤な顔して踏ん張ったかと思うと、排便の感触があったようで嫁様から歓喜の声が上がりました。

 

どれどれとおむつの中を確認しようと息子の背中に手を回した瞬間、「べちゃっ」とした感触がして恐る恐る手を抜いてみるとそこには大量のカレーがついていました。

 

「イヤーっ!!」って気持ち半分、「やったぜ息子よ!やっとでた!」という喜び半分で嫁様と爆笑し合い、二人で協力して爆弾処理をしました。

 

息子をすぐにスッポンポンにし、体についているカレーをある程度拭き取った後、すぐに私が浴室で息子を丸洗いしました。

その間嫁様は服を洗い場に持っていったり現場の処理をしてくれました。

洗い終わった息子を嫁様に託し、お風呂場の床の微量なカレーも洗い流した私もすぐに出て、私は息子の着ていた服を手洗いしました。

特に下着の方にはガッツリカレーがこびり付いていて、「今日出した下着なのにもうこんな。落ちるのかな〜」と思いながら手洗いしていたらウタマロさんの力で綺麗に落ちました。

そうこうしているうちに嫁様は息子に服を着せ終わり、溜め込んだモノを出し切った息子はとても清々しい笑顔をしていました。

 

待ちに待ったうんちだったので、大変な処理作業でしたが嫁様と二人で協力して楽しくうんち爆弾の処理をすることが出来ました。

 

それから、臭いには弱くてもらいゲロしそうな私でしたが、人のうんちにあんなに思いっきり触って、全く嫌な思いをしなかったのは不思議な感覚で嬉しくなりました。これが親子なのかなと。

 

 

息子よ。楽しい育児の思い出をまた一つありがとう。うんち出てよかったね。父ちゃんたちは安心です。

 

 

#男性の育児

#男性の育休

#赤ちゃんのうんち