自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

冬休み中に読んだファシリテーションの技術、インストラクションを意識して話してみる

昨日が新学期初日で、

連絡や私が話すことがそれなりにあったので

冬休み中に読んだファシリテーションの本に書いてあった技術、「インストラクション(説明・指示)」を意識して話してみました。

 

上手なインストラクションのコツとして

1 ノイズがないこと

2 何をすればいいのかが明確

3 否定ではなく、肯定モデルを示す

4 黒板に書く、モデルを見せるなど「可視化」の力を借りる

5 情景が浮かぶ「動画モード」のエピソードがある

というのが紹介されていました。

 

意識したのは1、2、4、5です。

4と5が結構できたんじゃないかなと思うのですが、難しかったのが1と2です。

特に1はほとんど無意識にやってきたことに意識を向けなければいけないので大変です。

2のために一文一文を短く、一時に一事というやつを意識してみましたが、これも改めてしっかり意識してみるとできてないことも多い。

でもこうやって、ちゃんと技術を意識しながらやるのは大事なことだし、いい傾向かなと思います。

忙しい中で忘れてしまうこともあるでしょうが、これらが体に馴染み自動化できるまで自分を振り返りながら続けていきたいです。