自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

「先生、平均年収〇〇って高いんですか?」

今日の進路学習の時間では職業調べをしました。

その中で、生徒から「平均年収〇〇って高いんですか?」という質問が出てきました。

「お金についてもしっかり考えていかなきゃいけないよ。お金についてしっかり考えることは汚いことじゃないんだよ。」と伝えるようにしているので、こういう話を遠慮なくできることはいいなと思っています。

 

ただ、もう少し踏み込んで考えられるようになってほしいなとも思いました。

平均年収と比べてどうかだけではなくて、自分の希望のライフスタイルはどんなものなのか、それに必要なお金はどれくらいになるのか。ここと比べて必要な年収を考えられるようにさせたいです。

 

将来は都会に住むのか地方に住むのか、

家は買うのか賃貸にするのか、

結婚するのか独身でいるのか、

子どもは産むのか、産むとすれば何人欲しいのか、教育費はどれくらい用意してあげるのか、

老後はいつまで働くのか、何歳までは生きたいのか、

どれくらいの生活水準を望むのか、その生活水準のためにはいくらお金がかかるのか

 

そういうことを考えられるようにしたいなと思いつつ、

ここまできたらファイナンシャルプランナーさんとやるライフプラン並みじゃないかと思って「私はファイナンシャルプランナーだっけ?」とおかしくなりました。

 

なかなかそこまで授業の中で伝えたり考えさせたりできるかは微妙なところですが、

希望としてはそんなことを考えています。