自分と家族と子ども達の幸せを考える先生のブログ

教育の個別最適化、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分の幸せと子ども達の幸せを考える

家系図

嫁様のお爺ちゃんの葬儀期間中、何度も「あの人はどういう関係の人なのか?」という話が出ました。

嫁様は書くことが好きなのもあって、お父さんやおばあちゃんらと話しながら家系図を書いていました。

100人以上出てきた壮大な家系図をみんなで眺めながら書いていたのはいい時間でした。

道徳でもの「自分の番 いのちのバトン」という詩を扱った授業がありましたが、家で時間をかけて家族で会話しながら家系図を書いてみるのも良い学びになるなと思いました。