自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育で社会を良くすることを目指す教師のブログ

『学び合い』の考え方を軸にした教育、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分と家族と生徒達の幸せを考え、教育を通して社会をよくしていくことを目指して発信しています。

休んだ分だけ忙しくなる

今日職員室で聞こえてきた言葉で気になったものがあります。

それが「休んだ分だけ忙しくなる」という言葉です。

休んでも仕事がなくなるわけじゃないから後で大変になってしまう。だから積極的に休もうと思えない。という会話の中での言葉でした。

そうだよなーと思います。

 

やはり仕事の絶対量を減らさないと働き方改革は進みません。削らないと。