自分と家族と子ども達の幸せを考える先生のブログ

教育の個別最適化、アドラー心理学、部活動の社会体育化、教師の働き方改革、仕事と育児、お金の教育、人生100年・society5.0時代の進路指導を切り口に、自分の幸せと子ども達の幸せを考える

夢を叶えるゾウ4。死や夢への捉え方

今、夢を叶えるゾウ4をゆっくり読み進めています。

まだ読み終わってはないのですが、結構佳境に入ってきて、「ああなるほどなー。これは忘れたくないな。そうかもしれないな。」と思ったことがあったので先に記録しておきます。

 

1つ目は、現代の人々は昔に比べてなまじ病気などを解決できるようになった分「生を求めすぎていて、それが故に死を嫌いすぎており、死がとても怖いものとして捉えている」という考え方です。

2つ目は、同じような考え方なのですが、現代の人々は昔に比べて差別や貧困などを克服したおかげで「自由に夢を求められるようになりすぎて、夢を叶えられないことが悪いこととして捉えられるようになった」というものです。

 

どちらも私の中では「なるほどな。」となる新しい視点です。クライマックスを読んでいくのが楽しみです。

 

https://www.amazon.co.jp/夢をかなえるゾウ4-ガネーシャと死神-水野敬也-ebook/dp/B08BFFYR8Z/ref=mp_s_a_1_1?dchild=1&keywords=夢をかなえるゾウ4&qid=1625911839&sr=8-1